西区岡野町、支えあいの会フードパントリー  川崎市「多摩区学生応援プロジェクト」活動風景

フードパントリー(食品無料配布)とは?

 フードドライブ(食品の持ち寄り)で集めた食品や企業団体からご寄付頂いた食品を、必要な方や支援施設等にお渡しする活動を言います。 お渡しする方法は、配達や受け取りに来てもらう等様々あります。 私達は、子ども食堂や各種支援施設への配達と、各支援団体と共に提供場所を設けて必要な方に取りに来てもらっています。 現在、金沢子ども食堂すくすくとのコラボで、ひとり親家庭をメインとした提供活動を行っています。 また、西区岡野町では、支えあいの会とのコラボ(下記チラシ参照)で毎月1回(第2土曜日)フードパントリー(食品無料配布)を行っています。

支えあいの会フードパントリー 申し込み

支えあいの会フードパントリーへの申し込みは、問い合わせ画面で、お問い合わせ種類を”フードパントリーの申し込み”で入力送信してください
支えあいの会フードパントリーは、横浜市民を対象に行っています。

川崎市「多摩区学生応援プロジェクト」活動風景

コロナ禍で経済的に影響を受けた学生を食料の無償配布で支援する「多摩区学生食料支援プロジェクト」が、令和3年2月19日より毎月1回行われています。 私達「食支援ネットかながわ」は、共に活動しているABA SPEAKS(発達障害のある全ての子に、ABAを)のメンバーからこの活動を紹介され、第4回「多摩区学生食料支援プロジェクト」から、食品の提供と支援を行っています。その時の活動内容です。

第5回「多摩区学生食料支援プロジェクト」

第4回「多摩区学生食料支援プロジェクト」